コバノトンボソウ

ラン科ツレサギソウ属 

分布 北海道・本州・四国・九州

花期 7〜8月

特徴
 日当たりの良い湿原に生える。茎の高さ20〜40センチの多年草。葉は1個で広線形、長さ3〜7センチ、基部は茎をだく。鱗片葉は茎に直立して目立たない。穂状の花序に一方に片寄って淡黄緑色の花を数個まばらにつける。距は長さ1.5〜1.8センチ、後方にはねる。

撮影手記
 尾瀬ヶ原では、かなり見ることができるが近づけないため、やや背景がうるさくなってしまうのはしかたがない。

1985年7月21日 尾瀬ヶ原
キャノンF−1 タムロン90ミリマクロ

トップヘ  ラン科へ