カイサカネラン

 
上  2004年9月5日 長野県 キャノンEOSー1 タムロン90ミリマクロ
危惧種1A類

ラン科サカネラン属

分布 山梨・長野県

花期  9月

特徴
 超希な野生ラン。樹林帯の林床に生える高さ10〜20センチの腐生ラン。花は淡緑色。唇弁は2裂する。

撮影手記
超希な野生ラン。長野県のある山へ雨降る中、カイサカネランを求めて登る。道なき道を上り詰めて、念願のカイサカネランに出会う。山梨県三つ峠で発見され、カイの名前がつく。が、その後そこでの自生は確認されず、幻の野生ランになっていた。
12年に仲間ともに自生地訪ねたけれど、その年は雨少なく地が乾燥しすぎていたのか、見つからず。17年にリベンジをはたし、TG−4で花の超接写撮影ができた。

上 2017年9月3日  長野県  キャノンEOS70D EF50ミリマクロ  オリンパスTG−4

トップヘ  ラン科へ