ホテイラン

危惧種1A類

ラン科ホテイラン属

分布  本州中部の高山帯 

花期 5〜7月

特徴
 亜高山帯の林内に生える。高さ6〜15センチ。葉は1個。狭卵形で2,5〜5センチ、裏面は紫色。分厚くて縦じわが目立つ。花は紅紫色。唇弁は袋状で先は2個の距になる。

撮影手記
私的には野生ランの中で最も美しく高貴なランと思う。植物写真家の富成忠夫は自著に「花名は七福神の布袋だが、白雪姫の7人の小人のほうがぴったりだ」と述べている。(山と渓谷社 春の野草)。
 
上・左 1984年6月10日  八ケ岳 
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
上 1986年5月25日 南アルプス  キャノンF−1 FD100ミリマクロ
上  2016年5月29日 八ケ岳キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ

トップヘ  ラン科へ