ヒトツボクロ

ラン科ヒトツボクロ属

分布 本州・四国・九州

花期 5〜6月

特徴
 和名は「一黒子」やや乾いた林内に生える多年草。葉は1個。長楕円形で長さ4〜7センチ。暗緑色で中脈が白く、裏面は紫褐色帯びる。花茎は細く15〜25センチ、小さな花を数個つける。

撮影手記
はじめてヒトツボクロに出会ったのは千葉県清澄山で仲間と着生ラン撮影の順番待ちしていたときのこと。足元をさがしているとヒトツボクロを見つけて大喜びで撮影した。
高尾山で初めて見たときは高尾山の生字引といわれるUさんと野生ランの仙人といわれたAさんとの出会ったときであり、私の撮影に大きな影響を与えていただいた。
高尾山のこの自生地は盗掘により消滅。その後15年に新たな場所で撮影することができた。17年には三つ峠山にて葉表が紫色のヒトツボクロを撮影することができた。

上 2017年7月2日 山梨県 
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ オリンパスTG−4
左 1989年5月28日 千葉県清澄山
キャノンF−1 FD100ミリマクロ

1994年5月29日 高尾山
キャノンF−1 タムロン90ミリマクロ
  1994年5月29日 高尾山
キャノンF−1 タムロン90ミリマクロ
2015年5月31日 高尾山 
キャノンEOS 50D タムロン90ミリマクロ
2015年5月31日 東京都 
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ
2017年7月2日 山梨県 
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ 
トップヘ  ラン科へ