ヒナラン

危惧種1B類

ラン科ヒナラン属

分布 本州・茨城県以西・四国・九州

花期 5〜7月

特徴
 暖温帯の湿った岩地に生える多年草。花茎の高さ10センチくらい。唇弁の中裂片は分裂しない。唇弁の長さは約2ミリ、淡紅色。花付きはよく大きな個体は10個以上つけ、やや一方向に向けて咲く。地表近くに葉が一個あり、やや狭い楕円形で長さ約5センチ。

撮影手記
 北関東のある山にて撮影。とっても貴重な野生ラン。とっても愛らしく、いわゆるマニアから垂涎の的。いつまでも、この地で盗まれることなく、人知れずに咲いていて欲しいと祈りながらカメラのシャッターを押した。

2009年6月28日 北関東 
EOS 40D EF180・50ミリマクロ 

トップヘ  ラン科へ