ヒメミヤマウズラ

ラン科シュスラン属

分布 本州中部以北

花期  8〜9月

特徴
 亜高山帯の針葉樹林床に生える、高さ15〜25センチの多年草。横に這った根から茎を立ち上げる。葉は小さく根元に数枚つき、青緑色で白斑が入る。花は白色か少し紅色が入り、一方を向いて咲く。

撮影手記
鳳凰小屋で楽しい一夜を過ごして、早朝・地蔵岳をめざす。樹林帯の中でヒメミヤマウズラを見つけて撮影。樹林帯を抜けると、地蔵岳のオベリスクがそびえたち、頂上にたてば白峰三山の雄志が目の前に広がる。

左 1986年8月26日  鳳凰山
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
左下 1984年8月24日 北八ヶ岳
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
トップヘ  ラン科へ