ヒメフタバラン

ラン科フタバラン属

分布 宮城県以南〜琉球列島

花期 3〜4月

特徴
 低山の常緑樹林帯の林床に生える、高さ10〜30センチの多年草。茎は四角。葉が高い位置につく。花は灰緑色、紫褐色の部分がある。唇弁以外は強く後方にそる。

撮影手記
 春浅い清澄山。スハマソウと共に咲く春一番の花。周りの風景にとけ込んでしまうような地味なランであり、やや見つけにくいラン。
 90年代に、高尾山の野生ラン探しの名人に自生地を教えていただいたけれど、その時は見つけられず、そのまま歳月が流れた。20数年後にやっと確認することができた。

左 1991年3月17日  千葉県清澄山
キャノンF−1 タムロン90ミリマクロ

下 2016年4月10日 高尾山
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
トップヘ  ラン科へ