ハマカキラン

絶滅危惧2類

ラン科カキラン属

分布 本州北部〜中部の太平洋岸

花期  6〜7月

特徴
 海岸近くの林内に咲く、高さ50cm前後の多年草。葉は楕円状卵形で長さ7〜12cm、数枚つく。花は、黄褐色を帯びた淡緑色、唇弁は淡紅色を帯びた白色。花は多数つく。

撮影手記
 03年、ほぼ20数年ぶりに訪ねた茨城県の自生地。工場施設が出来ているわ、松林の下草が増えているわで、自生地の環境がだいぶ変わた。いずれは、消えていってしまうかも。
 この後、幸いに近くで別の自生地を見つけることができた。良かった。

2003年6月22日  茨城県
キャノンEOS−1 タムロン90ミリマクロ

トップヘ  ラン科へ