ハクウンラン

ラン科ハクウンラン属

分布 本州・九州

花期  7〜8月

特徴
 常緑広葉樹と落葉広葉樹の混成林下に生える、茎の高さ5〜13センチの多年草。茎は根元で少し横に這う。葉は卵円形で3〜7ミリで根元に数枚互生する。花は白色で、花茎も先に数個咲く。唇弁の先は大きく2つの四角を広げた形となり、基部は狭い。

撮影手記
初めてハクウンランの撮影地した栃木県日光市はテニスコートになり消えてしまった。以後出会えず。18年後、東京都にも自生地あると聞いた。撮影仲間に自生地を教えていただき、三週間通い撮影をした。翌年も同じ山の違う場所で確認して撮影。19年には埼玉・山梨県でも撮影することができた。

左  2015年7月26日 東京都 
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ
2017年7月16日 埼玉県
オリンパスTG−4
2017年8月6日 山梨県
オリンパスTG−4
2017年8月6日 山梨県
オリンパスTG−4
2017年8月6日 山梨県
キャノンEOS 70D タムロン90ミリマクロ
2015年7月26日 埼玉県
 キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ
2016年7月17日 東京都 
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
2016年7月17日 東京都 
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
2016年7月17日 東京都 
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
2015年7月26日 東京都
 キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ
987年8月9日 日光市 
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
987年8月9日 日光市 
キャノンF−1 FD100ミリマクロ

トップヘ  ラン科へ