ハクサンチドリ

ラン科ハクサンチドリ属

分布 北海道・本州中部以北の高山帯

花期 6〜8月

特徴
 高山帯に生える、高さ10〜40センチの多年草。花は10個内外、花披片の先はとがる。唇弁は3裂し、距がある。葉は3〜6個、幅5〜30ミリ、互生する。

撮影手記
本州ならば標高2000メートル以上に生える高山植物ノハクサンチドリ。北の花の浮島、礼文島では、海岸からわずかの丘陵に普通に生えていた。

上・左 1985年6月6日  礼文島

1979年6月25日 飯豊連
キャノンAE−1 FDマクロ100ミリ
2014年7月6日 至仏山
キャノンEOS50D EF50ミリマクロ
2014年7月6日 至仏山
キャノンEOS50D EF50ミリマクロ

トップヘ  ラン科へ