ジガバチソウ

ラン科クモキリソウ属

分布 北海道・本州・四国・九州

花期  5〜7月

特徴
 花姿がジガバチに似ていることから。林内に生えている高さ10〜20センチの多年草。葉は根元に2個、縁が波打っている。クモキリソウに似ているが葉脈には網目がはっきりしていてる。 花は唇弁の先が尾状に尖り、多数つく。色は暗視褐色系と緑色系(アオジガバチソウ)がある。

撮影手記
かねてから撮影したいと思っていたジガバチソウは、95年、Uさんに奥多摩の自生地を教えていただき撮影することができた。青花のアオバナジカバチソウも咲いていた。その後、撮影機会狙っていたが出会えず。22年後の17年にやっと、山梨の植物に詳しいYさんに自生地を教えていただき念願かえた。

左 2017年7月2日 山梨県 
キ オリンパスTG−4
上 2017年7月2日 山梨県 キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ タムロン90ミリマクロ
上  1995年6月25日  奥多摩 キャノンF−1 タムロン90ミリマクロ
トップヘ  ラン科へ