エンシュウムヨウラン

希少

ラン科ムヨウラン属

分布 埼玉県・愛知県・静岡県

花期 6月

特徴
ウスギムヨウランの変種。常緑樹林の林床に生える、高さ15〜30センチの腐生ラン。
花は黄褐色。和名は最初に発見された静岡県の旧名から。

撮影手記
 きわめて稀なる腐生ラン。しかし自生地ではかなりの株数があった。空から落ちてくる?ケムシにおびえながらの撮影。帰宅後、ケムシにかぶれて皮膚科医院通いに。
 最近、埼玉県において新たな自生地が発見された。

上 2000年6月4日 愛知県 キャノンEOSー1 EF100ミリマクロ
左下 左 中 2010年6月8日  埼玉県 キャノンEOS50D EF50ミリマクロ タムロン90ミリマクロ
左   下右  2010年6月8日  埼玉県 キャノンEOS−1 EF50ミリマクロ 
トップヘ  ラン科へ