ベニシュスラン

ラン科シュスラン属

分布 茨城県以西・九州

花期  7〜8月

特徴
 常緑樹林床に生える 高さ4〜10センチの多年草。茎は斜めに立ち上がる。葉は3〜4枚互生し濃い緑色、網目模様が入る。花は、長さ2〜3センチ、筒状で先が少し広がる。色は少し黄みを帯びた淡紅色。植物体のわりには花が大きい。

撮影手記
 美しい野生ランである。初めての出会いは、花追い仲間のMAさんと通い慣れている千葉の清澄山にて。撮影前にしばしその花の美しさに見とれてしまった。その後撮影機会にめぐまれなかった。東京都のある山にも密かに自生していると聞いていたが確認できずにいった。15年にやっとの自生地を、花仲間に教えていただき毎週通う。が、開花直前に盗掘されてしい大ショックを受けた。翌年山梨県南部市にて撮影後、東京都の自生地は別の場所教えていただき、リベンジはたした。17年は友人に埼玉県のある場所に案内していただき撮影することができた。

左 2016年7月10日 山梨県南部市
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
2016年7月10日 山梨県南部市
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
2016年7月10日 山梨県南部市
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
2016年7月10日 山梨県南部市
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
2016年7月17日 東京都
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
1990年7月15日  千葉県清澄山
 キャノンF−1 FD100ミリマクロ
1990年7月15日  千葉県清澄山
 キャノンF−1 FD100ミリマクロ
2017年7月16日 埼玉県
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
トップヘ  ラン科へ