ベニシュスラン

ラン科シュスラン属

分布 茨城県以西・九州

花期  7〜8月

特徴

 常緑樹林床に生える 高さ4〜10センチの多年草。茎は斜めに立ち上がる。葉は3〜4枚互生し濃い緑色、網目模様が入る。花は、長さ2〜3センチ、筒状で先が少し広がる。色は少し黄みを帯びた淡紅色。植物体のわりには花が大きい。


左 2016年7月10日 山梨県南部市
キャノンEOS70D EF50ミリマクロ
撮影手記

90年、Mさんと千葉のある山に行き、ベニシュスランを撮影。その山は当時通い続けていて、以前にベニシュスランの葉を見つけており、開花期に訪ねた。当時はヤマヒルに汚染されていない地域であった。

それ以前にも高尾山に生えている情報を得ていたが、ことごとく外れた。15年、株を見つけて、開花前に三週間続けて通ったが、いよいよ咲くかという直前に盗まれ、おおいにがっかりした。

16年、やっと山梨県南部市において、ベニシュスランの群落がある情報を得て撮影することができた。

17年、Kiさんに埼玉県のある神社の近くの林に生えている一株のベニシュスランを案内していただき撮影することができた。

19年、Takさんに高尾山に自生しているベニシュスランを秘密を条件に案内していただき、やっとこの山で撮影ができた。ただ、Takさん言うには恐ろしいくらい数が減っていると。
2016年7月10日 山梨県南部市
キャノンEOS70D EF50ミリマクロ
2016年7月10日 山梨県南部市
キャノンEOS70D EF50ミリマクロ
2016年7月10日 山梨県南部市
キャノンEOS70D EF50ミリマクロ
2016年7月17日 高尾山
キャノンEOS70D EF50ミリマクロ
1990年7月15日  千葉県清澄山
 キャノンF−1 FD100ミリマクロ
1990年7月15日  千葉県清澄山
 キャノンF−1 FD100ミリマクロ
2017年7月16日 埼玉県
キャノンEOS70D EF50ミリマクロ
2019年7月21日 高尾山
キャノンEOS70D EF50ミリマクロ
2019年7月21日 高尾山
キャノンEOS70D EF50ミリマクロ
2019年7月21日 高尾山
キャノンEOS70D EF50ミリマクロ
2019年7月21日 高尾山
キャノンEOS70D EF50ミリマクロ
2019年7月21日 高尾山
キャノンEOS70D EF50ミリマクロ
トップヘ  ラン科へ