アリドオシラン

ラン科アリドオシラン属

分布 北海道・本州・四国・南九州

花期 6〜8月

特徴
 アカネ科のツルアリドオシの葉が似ていることから。落葉樹林帯に生える多年草。茎の下部は地をはい、上部は斜上し、高さ5〜10センチ。葉は数個互生し、短い柄があり、卵形で長さ1センチ。表面に粒状の微突起がある。茎頂に1〜2pya花茎をたて、1〜2個の淡紅色を帯びた直径1センチの白花を横向きに開く。

撮影手記
 目立たない小さな野生ランだが、出会う率は低くはない。谷川岳の登りの途中の針葉樹林帯で見つけて撮影。


2001年7月29日 谷川岳
キャノンEOSー1 EF100ミリマクロ

トップヘ  ラン科へ