コガマ

ガマ科ガマ属

分布 北海道・本州・四国・九州

花期 6〜8月

特徴
浅い水底から直立し高さ1〜1.5になる多年草。葉は線形で幅1〜2センチ、幅1ミリと狭い。6〜10センチの雄花花穂の上に雌花穂がつながってつく。花粉は4個ずつ合着している。ガマと比べて雌花穂は上部が太い。

撮影手記
仲間ともにムジナモの自生地で有名な羽生市の宝蔵寺沼へ11年から連続に夏の旧盆ちかくの休日に訪ねている。ムジナモは水族館に展示されているのしか、今はみることができない。14年に訪ねたときには驚いた。ヒシなど水生植物に覆われていたのに全くない。代わりに園芸植物のスイレンが植えられている。ヒシにまじってかなり貴重な野草ヶ生育していたのに・・・かろうじて淵にほそぼそと生えていた。
まさか、水族館側が駆除したのだろうか。がっかりだ。生き残っていたガマがひとつ寂しく咲いていた。


2014年8月17日 羽生市宝蔵寺沼
キャノンEOS50D EF50ミリマクロ

トップヘ  ガマ科へ