アヤメ

アヤメ科アヤメ属

分布北海道・本州・四国・九州

花期 5〜7月

特徴
山地のやや乾いた草地に生える草丈30〜60cmの多年草。葉は長さ30〜50センチ、幅0.5〜1センチ、中脈は目立たない。 花は茎頂に2〜3個つき、紫色で径8cm程度、外花被片は広倒卵形で平開して垂れ、中央部から爪部に黄色地に紫色の網目状の模様がある。内花被片はへら形で直立し目立つ。

撮影手記
77年、櫛形山のアヤメ平の群生地はその名前の通り、見事なアヤメのお花畑であった。7しかし、今や鹿の食害にあいその面影もない。
広大なる富士山麓。土日に開放される自衛隊の演習場。アヤメが多く見ることができた。

左  2016年6月12日 富士山
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
1977年7月10日 櫛形山・アヤメ平  キャノンF−1 FD35〜70ズーム

トップヘ    アヤメ科へ