チダケサシ

ユキノシタ科チダケサシ属

分布 本州・四国・九州

花期 6〜8月

特徴
明るい林下、林縁、草原生える草丈40〜80センチの多年草。 葉は2〜4回羽状複葉で、小葉は尾状にならず普通鈍頭、縁に鋭い重鋸歯がある。基部は鈍形または切形。 花序は円錐状で、花序はよく伸び、側枝は短くややまばらにつき、密に花つける。花弁は淡紅色。

撮影手記
炎天下の夏の低山。吹き出る汗。水分補給に注意しながらの山歩き。登山道にある山小屋風茶屋で、塩分補給にもなる「なめこ汁」を注文して一息。暑いときに、暑い場所で飲む熱い「なめこ汁」は熱中症対策にはばっちりだ。

2015年7月26日 高尾山
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ

トップヘ  ユキノシタ科へ