ノリウツギ

ユキノシタ科アジサイ属

分布 北海道・本州・四国・九州

花期 7〜8月

特徴
日当たりの良い山地に生え、高さ2〜4メートルになる。葉は対生。長さ5〜10センチの卵状楕円形。先はとがり、ふちに細鋸歯がある。枝先に円錐花序を出し、小型で両性花多数と周囲に直径1〜5センチの装飾花をつける。

撮影手記
 早朝のハイカーが少ない静かな尾瀬ヶ原を行く。久しぶりに歩く尾瀬ヶ原。こんなに静かだったけ、昔は元にぎわっていたと思う。尾瀬のメインであるミズバショウ ニッコウキスゲのシーズンが終わったとしても。夜行日帰りで尾瀬を訪ねて早朝に歩く人が少なくなったのだろうか。木道のベンチわきにノリウツギが咲いていた。休みがてら撮影した。

2012年8月5日 尾瀬
キャノンEOS50D EF50ミリマクロ

トップヘ  ユキノシタ科へ