ミヤマダイモンジソウ

ユキノシタ科ユキノシタ属

分布 北海道・本州中部以北

花期 7〜8月

特徴
高山帯の岩上や岩場に生える多年草。草丈5〜20センチ。葉は根元に束生し、腎円形で掌状に5〜17に浅裂または中裂する。茎や葉にはほとんど毛はない。
 花は、白色の5枚の花弁があり、下の2枚は上の3枚より長い。

撮影手記
下の写真は。高山植物が見たい!という衝撃にかられ、夜行日帰りツアーバスで尾瀬の至仏山へ。雪解け山開きはじめの至仏山。樹林帯を抜けると高天原・頂上・小至仏山・笠ヶ岳分岐までは、お花畑の連続。今回はあえて重たい三脚を持たず、デジカメ一眼の特性を活かしひたすらにシャッターを押した。千枚をこすほどに。
左 2016年6月26日 谷川岳
キャノンEOS70D EF50ミリマクロ
下 2014年7月6日 至仏山
キャノンEOS50D EF50ミリマクロ

トップヘ  ユキノシタ科へ