キバナハナネコノメ

ユキノシタ科ネコノメソウ属

分布  東海地方

花期  4月
特徴
ハナネコノメソウの変種。萼が黄色。葯は黄色または赤。草丈5〜10センチの多年草。 根元から出る葉は花時は枯れ、茎につく葉は扇形〜腎円形で1〜2対対生する。花弁はなく、萼片は黄色で直立し4個、裂片は短く先は丸い。

撮影手記
静岡県の山深い渓谷にてキバナノハナネコノメに対面。沢を左右に渡りながら水際に咲くキバナノハナネコノメ。葯の色が赤色と黄色があり、萼も黄色・薄紅交じり黄色・黄緑色とあり楽しい。

2017年4月29日 静岡県静岡市
左・中 キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
下    オリンパスTG−4

トップヘ  ユキノシタ科へ