ギンバイソウ

ユキノシタ科ギンバイソウ属

分布 本州関東以西・四国・九州

花期 7〜8月

特徴
 深山の谷ぞいに生える高さ40〜80センチの多年草。全体に粗い毛があり、葉は対生し、広卵形で10〜20センチ、先は2つに浅く裂け、縁には鋸歯がある。花序は頂生し、10〜20個つくが、初めは苞に包まれて球状をしている。両性花と数個の装飾花からなり、装飾花は白色で、梅花状である。

撮影手記
 雨の中、奥多摩三頭山へ。登るにつれ雨がはげしくなり目的の花を見つけるどころではなくなり、途中にて引き返す。ギンバイソウが咲いていたので、せめての慰みに撮影。暗い上に雨に揺れ、なかなか撮影づらい。一枚一枚が高価なフィルムカメラ、デジガメのように気楽に連写できず、濡れながら忍耐強く一枚一枚大切にシャッターを切る。育ち盛り・教育費にかかる二人の息子かかえて、少ない小遣いをやりくりしての撮影山行。前々回の撮影でデジカメ一眼壊したのが悔やんでならない。

2009年8月2日 奥多摩 三頭山
キャノンEOS-1 タムロン90マクロ

トップヘ  ユキノシタ科へ