ヤブコウジ

ヤブコウジ科ヤブコウジ属

分布 北海道(奥尻島)本州・四国・九州

花期 7〜8月

特徴
山地の木陰に群生し、高さ10〜20センチ。地下茎をのばして増える。葉は3〜4個が輪生状に互生し、長さ4〜13センチの長楕円形でふちに細かい鋸葉がある。7〜8月に、葉や鱗片葉のわきから花序を出し、直径5〜8ミリの花を2〜5個下向きに開く。花冠は白色で5裂する。おしべは5個めしべは1個。果実は10〜12月ごろ直径5〜7ミリの球形で赤く熟する。

撮影手記
 09年師走、大月市の里山にて赤い実が目立つヤブコウジを見つけて撮影した。わびさびを感じて正月の飾りにはならないのだろうかなと思う。花は翌年梅雨の高尾山系にて見つけた。

上 2010年7月11日 高尾山系
キャノンEOS50D EF50ミリマクロ
左 2009年12月20日 山梨県大月市・八重山
キャノンEOS50D EF50ミリマクロ

トップヘ ヤブコウジ属