キツリフネ

ツリフネソウ科ツリフネソウ属

分布 北海道・本州・四国・九州 

花期  7〜10月

特徴
草丈40〜80センチの1年草。 全草無毛で、やや白みを帯びる。 葉は互生し、卵形〜長楕円形で長さ4〜8センチ、幅2〜5センチ。先は鈍く、縁には粗い鋸歯がある。花序は葉腋から下垂し、3〜5花つく。花冠は淡黄色で内面に赤褐色の斑点がある。長さ3〜4センチ、正面の幅2.5センチ。花の太い筒状の部分は萼片の一部で、距はゆるく下に曲がる。

撮影手記
 仲間と目的の花を探しに行ったが見つからず、帰り道の沢沿いの林道わきで撮影。私にとってキツリフネはツリフネソウ同様、数多く見ているのだが今一つ良い作品がない。課題の花のひとつ。

2012年9月2日 長野県諏訪郡
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ 

トップヘ  ツリフネソウ