ウスバスミレ

スミレ科スミレ属ウスバスミレ類

分布 北海道・本州中部以北・白山
    の亜高山帯。

花期 6〜7月

特徴
 亜高山帯の針葉樹林帯に生える。高さ5〜8センチ。葉は長さ2〜4センチの円心形。薄くて柔らかい。両面とも無毛。ふちの鋸歯は低く重なる。花は直径1〜1.5センチ。

撮影手記
 87年、栃木県のFさんと1泊二日で青森の眺望山と岩手の早池峰山に行く。当時、私はお見合いすることを条件に、社長の父より休みをもらい出かける。眺望山で目的を果たして、花巻の民宿で泊まり、翌朝早池峰山へ。時間的に樹林帯を越えたところしか行けなかったが、ヒメコザクラウスバスミレを撮影して帰路に。なお、お見合い相手は私の今の嫁さん。
同行のFさんは、結婚式の司会者(本職)していただいた。

左・1987年6月1日   早池峰山
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
984年7月1日  早池峰山  キャノンF−1 FD100ミリマクロ   2012年6月24日 国師岳
キャノン50D EF50ミリマクロ

トップヘ  スミレ科へ