タチスミレ

危惧種1B類 

スミレ科スミレ属ニョイスミレ類

分布  茨城県・栃木県・宮崎・鹿児島
     群馬県は絶滅。

花期 5〜6月

特徴
本州では、利根川沿いに点々とするスミレ。河川の開発により、絶滅の危機に貧している。現に2003年、開発により群馬県唯一の自生地は絶滅した。アシ原や湿り気のある草原に生える。草丈は0.3〜1メートル。葉は長さ4〜6センチで長披針形。托葉は長さ2〜4センチと大きく鋸歯があり、葉のようにみえる。花は直径1センチほど。花弁の外側は淡紫色になり、側弁の基部は短い毛が密生する。

撮影手記
 このHPを見て連絡を頂いた群馬県のMさんとメール交換。そして初めて一緒に撮影行きに。親切丁寧に案内していただいた。タチスミレとは十数年ぶり(上の写真)の対面。弱々しさの中にたくましさを感じるスミレである。

上 1989年5月21日  茨城県小貝川
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
左  2003年5月18日 栃木県
キャノンEOSー1 タムロン90ミリマクロ

トップヘ  スミレ科へ