タカオスミレ

スミレ科スミレ属ミヤマスミレ類

分布 北海道西南部・本州・四国・九州

花期 4月

特徴
高尾山で採取、標本されたのが名前の由来。ヒカゲスミレの葉がこげ茶色なのが特徴。明治の森・高尾山で発見されたことから。草丈5〜12センチの多年草。花は白色で花弁には暗紫色の筋が入る。

撮影手記
 高尾山の名前がつき、高尾山代表のスミレともいえるタカオスミレ。この山の植物撮影を主なライフーワークにしている私にとって、このスミレを撮影することは、毎年の楽しみでもある。

左  2011年4月10日高尾山
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ
1992年4月12日 高尾山 
キャノンF−1 タムロン90ミリマクロ
2010年5月2日 榛名山
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ
2014年5月4日 榛名山
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ
2014年5月4日 榛名山
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ
2016年4月3日 高尾山
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
2016年4月3日 高尾山
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
2016年4月3日 高尾山
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ

トップヘ  スミレ科へ