タデスミレ

危惧種1A類

スミレ科スミレ属タチツボスミレ類

分布 長野県

花期 5月

特徴
 長野県に二カ所しか生育していなく、ひとつは絶滅されたとされている。超希なスミレ。草丈は20〜40センチ。太いタデのような葉をだす。托葉は櫛の歯状。薄く無毛。花弁は細長く、先はとがる。側弁の基部には毛がある。花柱にはない。距は短く、萼片は先が細長くとがる。

撮影手記 
 Mさんの情報の元、Tさんと撮影に行く。前年は、Kさん、Mさんと探したが見当違いのところを探して見つからず。今回はそのリベンジをはたした。世界でも、狭いこの地域でしか自生しない貴重なスミレを撮影出来たことは、うれしかった。

1993年6月13日 長野県 キャノンF−1 タムロン90ミリマクロ

トップヘ  スミレ科へ