スミレ

スミレ科スミレ属ミヤマスミレ類

分布 北海道・本州・四国・九州

花期 4〜5月

特徴
 OOスミレとOOがつかないスミレ。人家付近から丘陵まで日当たりの良いところに生える。高さは7〜11センチ。葉は束生し、花期の長さは2〜9センチの長楕円状披針形で先はまるい。葉柄には広い翼がある。花は大きく濃紫色。花弁は長さ1.2〜1.7センチ。側弁には白い突起毛がある。距の長さは5〜7ミリ、柱頭はカマキリの頭のようにふくらむ。

撮影手記
 花追い仲間の宇都宮のFさんは私の結婚式の司会をしていただいた。そのFさんの庭に、自然に(雑草として)咲いていたのを撮影した。(左の写真)
スミレは最近では、庭から逃げたのか私の住む品川区でも簡単に道ばたのコンクリートの切れ目に咲いているのを見ることができる。

左  1988年4月20日  宇都宮
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
 2017年4月16日 奥多摩 
キャノンEOS 70D  EF50ミリマクロ

トップヘ  スミレ科へ