シソバスミレ

危惧種1A類

スミレ科スミレ属キスミレ類

分布 北海道・夕張山地

花期 6〜7月

特徴
 高山帯の蛇紋岩に生える多年草。夕張岳固有種。高さ3〜7センチ。名前の通り、シソのような葉が特徴。葉茎は3個。葉は厚くて光沢あり、裏面は濃紫色。茎は紅紫色、葉柄、花柄ともに短毛が密生する。花は黄色、側弁にも花柱の先にも短毛がある。

撮影手記
 Tさんの案内で、Mさん、Kさんと夕張岳登山へ。ユウバリコザクラ ユウバリソウと、このシソバキスミレが目的だ。頂上ちかくの蛇紋岩の崩壊地に、咲いていた。撮影後、Tさん「夕張岳、来る度に山が荒れている」と。いつまでも、シソバキスミレの咲いている夕張岳であって欲しい。

1986年6月29日 夕張岳 キャノンF−1  FD100ミリマクロ

トップヘ  スミレ科へ