サクラスミレ

スミレ科スミレ属ミヤマスミレ類

分布 北海道・本州・四国・九州

花期 4〜5月

特徴
 サクラスミレは「スミレの女王」と呼ばれている。山地の向陽草地に生える、葉は長柄があり、卵形で長さ3〜6センチ。花は淡紅紫色で大きく直径2.5〜3センチ。側弁は有毛。

撮影手記
 Yさん、MAさん、Kさんと、那須山麓をのんびの歩く。左上の写真は那須の遊園地のフェンス外にて撮影した。帰りのタクシー呼ぶために電話を借りりるため寄った農家のおばあさんからこの地域の嫁不足の話を、たくわんをごちそうになりながら聞かされた。当時、独身の私も、都会の商人も人ごとでないと思った。右下はチシバサクラスミレと呼ばれている。

左上 1988年5月1日  那須
    キャノンF−1 FD100ミリマクロ
左下 1985年5月5日  鳴神山
    キャノンF−1 FD100ミリマクロ
右下 2003年6月8日  霧ヶ峰
    キャノンEOS−1 タムロン90ミリマクロ

トップヘ  スミレ科へ