オサカスミレ

希少

スミレ科スミレ属

自然交配種  ヒナスミレ*ヒカゲスミレ

分布 長野・栃木県

花期 4月

 花期の時の葉は円状心臓形、卵形、卵状披針形で、全面にあらい毛があるもの、無毛のもの、下部だけ毛があるものと、いろいろ。花は直径2センチくらい。側弁は有毛。距は長さ6〜7ミリで太く淡紫色。

撮影手記
 花つきの悪い自然交配種。自生地においても、探すのに一苦労。最初に見つけた神社の自生地は消滅、、再会をあきらめかけていたところ、群馬県の探花家のMAさんに自生地を案内いただき10年ぶりに撮影できた。スミレの自然交配種の美しい花は多いが、オサカスミレはトップクラスだと思う。 
2004年4月18日  長野県
キャノンイオスー1 タムロン90ミリマクロ

トップヘ  スミレ科へ