オオタチツボスミレ

スミレ科スミレ属オオタチツボスミレ類

分布 北海道 本州 四国 九州

花期 4月

特徴
 タチツボスミレより大型であり寒冷地な多雪地域に多く分布する。草丈は、15〜22センチ。花の頃から地上茎が目立つ。花は直接2センチ前後、タチツボスミレに似るが、やや大きめで唇弁の紫色のすじが細かい網の目状になる。距ヶ白い。葉は幅3〜6センチ。葉しつは柔らかく波打っている。

撮影手記
 石川県の植物研究家のH氏にイソスミレケイリュウタチツボスミレの自生地案内していただき後、ミズバショウの自生地に。付近の山路に、ナガハシスミレトキワイカリソウともに咲いていた。なかなか関東では見られないこのスミレは日本海側では、普通にはえているそうだ。

2002年4月14日 石川県
キャノンEOSー1 100ミリマクロ 

トップヘ  スミレ科へ