オオバタチツボスミレ

絶滅危惧2類

スミレ科スミレ属オオバタチツボスミレ類

分布 北海道・北アルプス朝日岳以北

花期 6月

特徴
 タチツボスミレの名前ついているがツボスミレに近い。亜高山の湿地に生える多年草。全体が無毛で高さ20〜40センチ。花も大きく直径2.5〜3センチで紫色。側弁は有毛。距は短い

撮影手記
 奥志賀高原の奥庭の北ドブ湿原。オオバタチツボスミレはちょうど花盛り。登山客も少なく落ち着いて写真を撮ることができた。

2003年6月28日  長野県 北ドブ湿原 キャノンEOSー1 タムロン90ミリマクロ

トップヘ  スミレ科へ