オオバキスミレ

スミレ科スミレ属キスミレ類

分布  北海道・本州京都以北

花期 6〜7月

特徴
 日本海側の山野に生える多年草。高さ15〜30センチ。上部に3〜4個の葉をつける。花は黄色で直径1.5センチ。側弁に毛がある。
 
撮影手記
19年、友人と八幡平へ。まさに花の名山。数多くの高山植物に出会えることができた。雪田の切れ目にオオバキスミレを見ることが出来た。
08年 谷川岳の高山植物の最盛期は梅雨時。雨を覚悟で登らなければならない。天神平までケーブルカーを使用しても山頂までの登りはきつい谷川岳・至仏山ではナエバキスミレも咲いている。のんびりと撮影したいけれど、先は長い。
 
左 2019年7月14日  八幡平
オリンパスTG−4
2008年6月15日 谷川岳
キャノンEOS40D EF50ミリマクロ
2008年6月15日 谷川岳
キャノンEOS40D EF50ミリマクロ
2014年6月1日 尾瀬 キャノン50D
 EF50ミリマクロ
2019年7月14日  八幡平
キャノンEOS70D EF50ミリマクロ
2019年7月14日  八幡平
キャノンEOS70D EF50ミリマクロ

トップヘ  スミレ科へ