ノジスミレ

スミレ科スミレ属ミヤマスミレ類   

分布 本州・秋田県以南・四国・九州

花期 3〜5月

特徴
 日当たりのよい道ばたや野原に生える。高さは10センチほどで全体に白い短毛が多い。葉は花期に長さ3〜8センチの楕円状披針形で基部はスミレより幅広い。葉柄の翼はスミレほどめだたない。花は淡紫色から紅紫色まであるが、青みがかったものが多い。根は白くて太い。

撮影手記
 1年甲府盆地にて、放棄畑地に一面に紫色のスミレが生えていた。シナノタンポポも多く群生していて紫と黄色のコントラスト生えるお花畑になっていた。不思議なことにスミレはノジスミレしかなく
多くの被写体、選ぶのに迷う。

左 2017年4月9日  山梨県甲府市
キャノンEOS 70D  EF50ミリマクロ
2010年4月11日 群馬県藤岡市
キャノンEOS50D EF50ミリマクロ
2015年3月29日山梨県大月市岩殿山
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ

トップヘ  スミレ科へ