ナガバノタチツボスミレ

スミレ科スミレ属タチツボスミレ類

分布 静岡以西・四国・九州

花期 5月

特徴
茎葉が細長くなるのが特徴。海岸から1000メートル以下の山地の水はけの良い半日陰に生える。草丈は10〜15センチ。茎葉は3〜6センチ。托葉はタチツボスミレよりも切れ込みが鋭い。花もタチツボスミレとニオイタチツボスミレと中間的な感じで、直径1,5〜2センチ。

撮影手記
 三つ峠山から天上山への下り道。花色の変わったタチツボスミレを見つける。同行のUさんにナガバノタチツボスミレと教えていただいた。こりゃ〜初めてだわい。と喜んで撮影。

左 ・左下  2011年4月17日 岐阜県山県市
キャノン50D EF50ミリマクロ
右下 1995年5月7日 三ツ峠山
キャノンF−1 タムロン90ミリマクロ

トップヘ  スミレ科へ