ナガバノアケボノスミレ

希種

スミレ科スミレ属

自然交配種 
ナガバノスミレサイシン*アケボノスミレ

分布 本州

花期 4月

特徴
スミレの自然交配種は数は多いけれど、いつの間にか児絶えてしまう。ナガバノアケボノスミレは、地下茎でも増えていき、ときには群生する。やがって最盛期がさがってくと過ぎると徐々に衰退していく。

葉は親の中間形。花は白いのから紅紫色まで。

撮影手記
 いつもの高尾山系のあるコースを歩いていると目にも鮮やかなスミレの一群が。アケボノスミレかなと、近づいてみると、なんとナガバノアケボノスミレ。喜んで撮影した。

2006年4月30日  高尾山系
キャノンEOSKiss・D EF50ミリ
トップヘ  スミレ科へ