ミヤマスミレ

スミレ科スミレ属類ミヤマスミレ類

分布 北海道・本州・四国

花期 6〜7月

特徴
 山地から亜高山帯の針葉樹林帯に生える。葉は長さ・幅とも2〜3センチの卵心形で先はとがり、基部は深い心形。粗い鋸歯がある。花は淡紅紫色で側弁は無毛。距の長さは6〜8ミリ。

撮影手記
 いつもの花追い仲間四人と、崕山・夕張岳・野幌の夜行二泊三日の豪華な山旅。崕山を終えて、リースのブルーパードをとばし、次の目的地の夕張へ。私は、北の大地の運転を思う存分に楽しまさせていただいた。
 夜遅く夕張に到着。民宿で一風呂あびて、夕張の町へ出る。寿司屋に入り、乾杯。今日の喜びと明日への鋭気を養い、期待をふくらませる。
 翌日、早朝、夕張林道をブルーバードで走り抜け登山口へ。歩き始めてすぐに、ミヤマスミレが迎えてくれた。
 下の写真は、斑入りタイプ。

左・1986年6月29日 夕張岳 キャノンF−1  FD100ミリマクロ
下・1984年6月2日 アポイ岳 キャノンF−1  FD100ミリマクロ
2014年6月1日 尾瀬
 キャノンEOS50D EF50ミリマクロ
チシオミヤマスミレ 2014年7月6日 至仏山
 キャノンEOS50D EF50ミリマクロ
チシオミヤマスミレ 2014年7月6日 至仏山
 キャノンEOS50D EF50ミリマクロ

トップヘ  スミレ科へ