マルバスミレ

スミレ科スミレ属ミヤマスミレ類

分布 本州・四国・九州

花期 4〜5月

特徴
 以前はケマルバスミレと呼んでいた。が、無毛の方が珍しい。道ばたや山野の日当たりの良いところに生える、多年草。葉は花期には長さ7〜8センチ。花は白色。花弁の長さは1〜1.4センチ。距は長さ6〜7ミリ。

撮影手記
 陣馬山から高尾山方面へ歩く。スミレ等の撮影に時間を多く費やし、山荘にて菜テンプラやソバを食べ、マイブームの山での読書。休みの時間多くとりすぎた。ので明王峠より相模湖へ降りる。その時最後の締めとしてマルバスミレを撮影した。

左 2006年4月30日  高尾山
キャノンEOSKiss・D EF50ミリ
左下 2012年4月29日  榛名山
キャノン50D EF50ミリマクロ
右下 薄紅色 2016年4月10日 高尾山
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
トップヘ  スミレ科へ