コスミレ

スミレ科スミレ属ミヤマスミレ節

分布 日本全国
 (北海道南西部から屋久島まで)

花期 4月

特徴
 人里や里山・低い山に見られるスミレ。コスミレといってもけっして小型のスミレではない。なんでコ(小)とつくのだろうか?高さ6〜12センチ。葉は数多く束生していて、花期には長さ2〜5センチの長卵形で先はとがる。裏面は淡紫色を帯びる。花弁は長さ1〜1.5センチで幅が狭く、紫色のスジが目立つ。側弁は無毛だがときに毛のあるのもある。距は6〜8ミリで細長い。

撮影手記
 コスミレは私にとって好きなスミレのひとつ。高尾山では、アオイスミレともにスミレの季節の幕開けになる。白花はシロバナツクシコスミレと呼ばれている。
 
左  2006年4月23日  高尾山
キャノンEOSKiss・D EF50ミリマクロ
2008年4月6日 高尾山
キャノンEOS40D EF50ミリマクロ
2010年4月10日高尾山
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ
2010年4月10日高尾山
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ
上  2016年3月27日 高尾山 キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ

トップヘ  スミレ科へ