キスミレ

絶滅危惧2類

スミレ科スミレ属キスミレ類

分布 本州・山梨県以西・愛媛県・九州

花期 4〜5月

特徴
 分布域が広いようだが、限られた地域しか自生していない。低山に咲く黄色のスミレだが、開発や乱獲により自生地はますます狭くなっていっている。山地の日当たりの良い草原に生える多年草。高さ10〜15センチ。上部に3〜4個の葉をつける。葉は円心形で、長さ3〜4センチ。波状の鋸歯がある。花は黄色で直径1.5〜2センチ。距は短い。側弁に毛がある。

撮影手記
 87年の早春の静岡県の高草山へ、Kさん・Tさんと行く。お茶畑の山となっている高草山。わずかな雑木林や草地に目的の野草が咲いていた。キスミレは、年々減少しているそうだ。盗掘の他に、野焼きなどで毎年更新していた草地が、人手不足から作業行われずに最適な環境が失っているとか。

上 1987年3月22日  静岡県高草山  キャノンFD−1 FD100ミリマクロ
下 2015年4月29日  山梨県 竜ヶ岳  キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ

トップヘ  スミレ科へ