イソスミレ

スミレ科スミレ属タチツボスミレ類

分布 北海道から鳥取県までの日本海側。北海道浦川町から青森県、八戸市までの太平洋海岸側。

花期 4月

特徴
 地下茎が発達している。高さは5〜10センチ。葉は厚くて光沢があり、幅1.5〜3センチの扁円形。托葉は幅広くクシの歯状に裂ける。花は濃青紫色。花弁は無毛。距は長さ5ミリで白色。

撮影手記
 夜行バスで石川県へ。現地でTさん・Uさんと落ち合う。地元のHさんに案内していただき、自生地へ。海岸の砂浜に生える大型のスミレ。群落を作るが各地で群落は消えてしまいつつある。ここ、石川県のイソスミレの自生地は最後の砦とも言えるところ。

2002年4月14日   石川県
キャノンEOS−1 EF50ミリマクロ

トップヘ  スミレ科へ