イブキスミレ

スミレ科スミレ属イブキスミレ類

分布 本州(青森〜広島県)

花期 3〜4月

特徴
 伊吹山で発見されたので。主に火山灰土に生える。花期には茎は花後、茎は伸び、先端に閉鎖花をつける。有茎種でもあり無茎種でもある。根生葉は長さ2〜4センチの円心形。花弁は長さ1.2〜1.5ミリ。普通花は実らず、閉鎖花だけが結実する。

撮影手記
89年に初めてイブキスミレ撮影したけれと、光線強すぎていまいちの出来具合。以来再チャレンジをめざした。が、なかなか機会なく。15年山梨県甲府市において偶然イブキスミレを見つけ、自己満足いく作品になった。

2015年4月12日  山梨県甲府市
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ
2015年4月12日  山梨県甲府市
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ
2015年4月12日  山梨県甲府市
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ
2017年4月9日  山梨県甲府市
キャノンEOS 70D  EF50ミリマクロ
トップヘ  スミレ科へ