ヒナスミレ

1995年4月16日 高尾山
キャノンF−1 タムロン90ミリマクロ
2004年4月18日 諏訪
キャノンEOS−1 タムロン90ミリマクロ
2008年3月30日 高尾山
キャノンEOS40D EF50ミリマクロ
スミレ科スミレ属ミヤマスミレ類

分布 北海道南部・本州・四国・九州

花期

 山地の林内に生える。葉は三角状卵形で基部は深い心形。ときに斑がある。花は淡紅色。直径1.5センチ。側弁は無毛または微毛がある。葉はに斑入りがあるのは、フイリフモトスミレと呼ばれている。

撮影的
スミレ研究家のいがりまさし氏は、著書において「ヒナスミレはスミレのプリンセス」と。まさにその通り。撮影していて、楽しくなるスミレでもある。
 高尾山の尾根道で、フラワーポットのように咲くヒナスミレを見つけた。(左上)しばらくは撮影するのを忘れて魅入った。

2009年4月5日 高尾山
キャノンEOS40D EF50ミリマクロ
 2010年9日 神流川・奇形花 
キャノンEOS50D EF50ミリマクロ
2011年4月10日 高尾山
キャノンEOS50D EF50ミリマクロ
2014年4月13日 奥多摩
キャノンEOS50D EF50ミリマクロ
2014年4月13日 奥多摩
キャノンEOS50D EF50ミリマクロ
2015年4月12日  山梨県甲府市
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ

トップヘ  スミレ科へ