ヒカゲスミレ

スミレ科スミレ属ミヤマスミレ類

分布 北海道・本州・四国・九州

花期 4月

特徴
 日陰を好み、地下匐枝を出して増える。葉は柔らかく花期には長さ3〜6センチの卵形から長卵形。花は白色。花弁は長さ1,5〜2センチ。距は長さ7〜8ミリ。

撮影手記
 ほぼ毎年、スミレの名山として有名な高尾山へ、スミレ撮影に出かける。私が野草撮影始めた20代のころ、当時存在していた高尾ユースホステスによるスミレ観察会がこの山のスミレ観察のきっかけになった。私にとって高尾山はスミレや野草、そして多くの人との出会いの山になった。

左 2018年4月8日 高尾山
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
1988年5月1日  高尾山
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
 2009年4月5日  高尾山
EOS 40D EF50ミリマクロ
 2009年4月5日  高尾山
EOS 40D EF50ミリマクロ
2016年4月3日 高尾山
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ

トップヘ  スミレ科へ