フジスミレ

希少

スミレ科スミレ属ミヤマスミレ類 

分布 栃木・群馬県

花期 4月

特徴
 斑のないフジスミレをミドリフジスミレ(左上)と言う。ヒナスミレに似ている。ヒナスミレより、花の色は青みが強い。沢沿いのやや湿り気のある落葉樹林に生える。草丈3〜8センチ。花期の葉は長さ2〜4センチの卵形で基部は心形。表面には紫色を帯びる。葉脈沿いに白い斑が入り、裏面は紫色帯びる。花は直径1,5〜2センチで淡紅紫色から紅紫色。側弁にまばらな毛がある。ヒナスミレの母主。

撮影手記
 私個人的趣味において、スミレの三代美女をあげるとすると、ヒナスミレ・オサカスミレと、このフジスミレ。その希少と美しさによりスミレマニアや山草愛好家の盗掘により、残念ながら自生地での数は減り続けている。

上・2005年5月1日 栃木県
キャノンEOSー1 タムロン90ミリマクロ
下・1988年4月24日 栃木県
キャノンF−1  FD100ミリマクロ

トップヘ  スミレ科へ