エゾノタチツボスミレ

エゾノタチツボスミレ

スミレ科スミレ属タチツボスミレ属

分布 北海道・本州岡山県以北

花期 5〜6月

特徴
 山地に生える多年草。茎は直立し、高さ15〜40センチ。葉は心形から三角状卵心形で長さ2〜4センチ。托葉は大きく深裂する。花は白色から淡紫色。側弁は有毛、距は短い。

撮影手記
 写真は白花。関東の山野ではやや普通に見ることができる。タデスミレを探しにOOへ。
 タデスミレは狭い生育地に生えていた。そこから10メートルも離れていないところは、よく似ている?このエゾノタチツボスミレがたくさん咲いていた。

左 1993年6月13日 長野県
キャノンF−1 タムロン90ミリマクロ

左下  2014年5月25日 高尾山
キャノンEOS  EF50Dミリマクロ

トップヘ  スミレ科へ