アリアケスミレ 

スミレ科スミレ属ミヤマスミレ類

分布 本州・四国・九州

花期 4〜5月

特徴
 白色から紅紫色まで変化に富む花野色を有明の空にたとえたもの。人家近くのやや湿った所に生える。葉は花期には長さ2〜7センチの長楕円状披針形。夏の葉は長三角状披針形。花弁の長さは約2.5センチ。上弁と側弁には突起毛が生える。距は長さ4ミリと短くて太い。

撮影手記
 あるスミレの撮影を目的に、自生地まで駅から歩く。途中の道路の芝生の中に白いスミレが。よく見るとアリアケスミレであった。

 
左  2005年5月1日 日光
キャノンEOSー1 タムロン90ミリマクロ
左下 2010年4月11日 群馬県藤岡市
キャノン50D EF50ミリマクロ

トップヘ  スミレ科へ