アオイスミレ

スミレ科スミレ属ニオイスミレ類

分布 北海道・本州・四国・九州

花期 3〜4月

特徴
 葉がフタバアオイに似ていることから。葉は円心状で先がまるい。花後、葉は大きくなる。花は淡紫色から白色。

撮影手記
 明治の森、高尾山はスミレの種類が多いことで有名であり、そのトップバッターがこのアオイスミレ。寝覚めたばかりか?花弁がややよれている葉・花が愛嬌がある。沢ぞいの林道を早春の花を求めて歩いているとユリワサビともによく見られる。


左  2017年3月19日高尾山
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
2011年4月10日  高尾山
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ
2014年4月13日 奥多摩
EOSキャノン50D EF50ミリマクロ
2016年3月6日高尾山
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
2017年3月19日高尾山
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ

トップヘ  スミレ科へ