アケボノスミレ

スミレ科スミレ属スミレサイシン類

分布 北海道南部・本州・四国・九州

花期 3〜5月

特徴
 花の色を曙の空にたとえたもの。太平洋側の山地に生える多年草。地下茎は太い。葉は開花後に展開し心形で両側に毛がある。花は淡紅紫色で、直径2〜2,5センチ。距は太くて短い。

撮影手記
 なかなか花の色を再現できない野草のひとつ。春先に落葉を押し分けて咲くアケボノスミレ。なかなか風情がある。

左 1991年4月14日 高尾山
1985年5月5日  鳴神山
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
2008年4月27日 鳴神山
キャノンEOSEOS 40D EF50ミリマクロ
 2014年4月27日 陣馬山
EOSキャノン50D EF50ミリマクロ
2015年4月26日 群馬県高崎市
 キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ
2016年4月24日 高尾山
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ

トップヘ  スミレ科へ